お知らせ

予防歯科に対する思い

僕が歯科学生時代に大きな衝撃を受けた事の1つに、「むし歯を削った方が歯の寿命が縮む事がある」という統計データでした。スウェーデンの齲蝕学の教授から教わったものです。

「じゃあ、自分が毎日学んでいるのは一体何なんだ」

悶々としていた時、大学の恩師の先生に、「ちゃんと削らない治療というのがあるんだよ」ということ教わりました。そこから予防歯科をしたいという思いが強く募り、現在に至ります。

歯を抜いたり削ったりされたい人なんていないはずです。歯科医師になって10年を超えましたが、やはり家族にできる医療行為をしたいという気持ちは今も変わりません。

もちろん歯を削る治療が必要なことはありますが、その前にすることが、実はたくさんあります。

Author

こたに歯科院長。趣味は弾き語り、日曜大工、車の整備など…。現在、二人の男の子の父として、妻とともに育児と予防歯科に奮闘中!