LOADING..

  • 診療時間
    8:30~12:30 / 14:00~18:00 土曜14:00~16:00
    休診日
    水曜・日曜・祝日(祝日がある週は水曜診療いたします)

予防治療

むし歯・歯周病を防ぐ、予防治療の重要性

むし歯や歯周病は、メインテナンスをおろそかにすると、すぐに症状が再発してしまう疾患です。そこで、ぜひ予防やメインテナンスのために歯科医院に通う習慣を心がけましょう。

歯のクリーニングは、セルフケアでは取り除けない汚れを綺麗に落とすだけではなく、お口のトラブルを早期発見することにも繋がります。そうすれば症状が悪化する前に治療を開始できるので、痛みや通院回数が抑えられるのです。治療をした歯を長く保つためにも、丁寧なブラッシングと歯科医院でのクリーニングを徹底しましょう。

定期検診は将来の歯の健康に
大きな関係があります

NPO法人日本臨床歯周病学会

歯を良い状態で健康に保つには定期検診が重要です。毎日歯みがきをしていても知らず知らずのうちに歯の状態が悪くなってしまっていたという経験をお持ちの方も多いと思います。

定期的なメンテナンスには、

  • 歯や口の状態を悪くする原因を除去する歯のクリーニングで「予防」
  • もし歯周病やむし歯があっても初期段階で見つけることができる「早期発見・早期治療」

という歯の健康にとって重要な役割があります。

定期検診で健康維持!

むし歯ができると削って治療しますが、一度削った歯は元には戻りません。治療を続ける内に、少しずつ健康な歯質は失われていき、最終的には歯を抜かなくてはならない状態になることも考えられます。お口の健康にとって一番良いのは、歯や歯ぐきが悪くなる前に定期的な検診を受けることです。特に毎日丁寧にケアしているつもりでも、自分では行き届きにくい部位から状態が悪くなりがちです。そこで、プロによる定期的なケアは欠かせません。歯と歯、歯と歯ぐきの間の歯垢・歯石を取り除けば、お口の中は常に細菌の少ない状態をキープできます。

定期検診に対する私たちの想い

私たちが歯科治療で考えているのは、今だけではなく、70歳・80歳になってもお口の健康を保つためのケアです。歯科医院で定期的に検診に通っている方は、年を取っても歯の残存率が高いというデータがあります。実際に歯周病で歯槽骨の吸収が進んでいる患者さんでも、予防治療を続けた結果、歯の喪失を食い止められるケースも存在するのです。

どんなに歯科治療が進んでも、天然歯に勝るものはありません。いつまでも若々しく食事を楽しんでいただくためにも、当院では3ヶ月ごとのお口のケアを積極的に提案しています。

当院の予防治療

ブラッシング指導

お口の中の状況は人それぞれ異なります。つまり適切な歯磨きも人によって変わってくるのです。そこで当院では、実際に患者さんのブラッシング方法を拝見し、磨き方の癖などを指摘します。そのうえでアドバイスを行い、正しい歯ブラシの使い方をサポートしていきます。

フッ素塗布

フッ素を定期的に歯の表面に塗ることで、むし歯になりにくいお口の環境を維持できます。その理由は、フッ素が歯の再石灰化を促し、歯質を強化する働きがあるからです。また、汚れが付きにくくなったり、細菌の繁殖を防いだりするメリットもあります。

PMTC

歯科医師や歯科衛生士が専用の機器を用いて、徹底的に歯をクリーニングする処置です。セルフケアでは落としきれない汚れを細かく落とすため、PMTCが終わった後は、さっぱりと爽快な気持ちになります。また、歯面をツルツルにしてくれるので、しばらくの間は汚れが付着しにくくなるのもメリットです。着色汚れにも効果があり、見た目を美しくする効果も期待できます。

スケーリング(歯石除去)

歯垢が一定期間経過すると歯石に変化します。歯石は歯ブラシでは取り除けないので、定期的に歯科医院で歯石除去を行わなければいけません。その際の、スケーラーと呼ばれる専用の器具で歯石を除去する処置をスケーリングと呼びます。

生活習慣指導

食事や歯磨き、運動などの生活習慣は、むし歯や歯周病の発生に関係します。当院ではお口の健康に良い食事方法やタイミング、生活習慣の改善サポートなどを行うことで、根本的な原因に向き合います。

採用情報

ページトップへ戻る